1:2012/11/09(金) 17:38:02.80 ID:
サーベルタイガーことスミロドンは何十倍の体重差があろうと
マンモスを普通に殺してたらしい

スミロドンは大型生物の狩りに特化してる古代最強の肉食獣である

7:2012/11/09(金) 23:05:52.51 ID:
>>1
そんなに強いのなら何故、滅んだのか?
やっぱり生存競争に負けたんだろ。
動きの鈍い大型獣を集団で襲うしかなかったんだろう。
6:2012/11/09(金) 20:52:49.96 ID:
あんなに牙長くて邪魔にならないのか不思議
かじれるんやろか?
あと、かじりついた対象が暴れたりしたら牙折れたりしないんやろか?
8:2012/11/09(金) 23:27:08.43 ID:
氷河期でマンモスなどの大型草食動物が滅んだからだろ
それで、大型動物を狩っていたパワータイプのサーベルタイガーは小型で敏捷な草食動物を捕らえられなかった
10:2012/11/10(土) 15:08:22.54 ID:
たとえアフリカゾウと不意打ちなしの正面戦でもスミロドンは勝利する。
16:2012/11/11(日) 15:09:50.90 ID:
>>10
史上最強のスミロドンの前では体重差など無意味だからな。
11:2012/11/10(土) 21:09:38.45 ID:
サーベルタイガーの歯形痕跡がある化石もあるにはあるが・・・
常識的に考えて、あの牙を撃ち込んでも即死あるいは、うまく背骨を傷つけられなければ、牙が折れてしまうか、悪くすると自分の首まで折ってしまう。
現生の虎にサーベルタイガーの牙をつけてインドゾウを襲わせたとして、背骨を傷つけることができるだろうか?
自分より大型のものを倒すなら、やはり今の虎やライオンのほうがより優れている。
サーベルタイガーの狩りとは、最近の説の牙をナイフのように使って頚部を攻撃し、主に中型程度の獲物を失血死させたと考える方が理に適っている。
サーベルタイガーが最強というのは考えにくい。
19:2012/11/13(火) 17:22:07.21 ID:
突き刺す為の牙だろうから大型のウシ、シカ科なんかなら 
しつこく刺して刺して出血死か
内臓や骨にダメージを与えれる攻撃ができるのかな
ハイジャンプで獲物の急所まで飛び込むのはリスクもかなり大きいと思う
サーベルタイガーが森林エリアで夜行性で大型草食獣の後ろ足を急撃してもいいかも
>>11
のいう中型動物を狙うなら体重も無駄に大きすぎるし あの牙の進化はないだろし
12:2012/11/10(土) 22:47:52.64 ID:
恐竜はのろまだと言われていた頃の論調と>11が恐ろしく似ているのはただの気のせい?
17:2012/11/11(日) 16:58:48.53 ID:
>>12
>恐竜はのろまだと言われていた頃の論調と
少なくともスレタイは同一だな
14:2012/11/11(日) 10:29:23.42 ID:
サーベルタイガーみたいな奴は他にないんかねぇ
ホラアナグマとかかホラアナライオンか
18:2012/11/13(火) 15:20:05.68 ID:
.
最強のスミロドンには体重差など無意味です。
23:2012/11/15(木) 15:54:20.62 ID:
>>18
 スミロは鈍足だから群れでないとクマの餌食でしょうね
21:2012/11/15(木) 15:09:35.96 ID:
スミロドンは大型生物しか狙わない最強猛獣
22:2012/11/15(木) 15:32:40.81 ID:
スミロドンの牙の役目は穴などを

ほじくって

へびやうさぎやねずみさんを食べる為の道具です

横の力に弱い構造の骨だそうです。以上!
24:2012/11/15(木) 16:08:57.08 ID:
実は恐ろしい程正確に首の血管や神経の部分に牙を刺せたのかも知れんよ
となると彼岸花のような立派なヒゲが長々と生えてたかもねw
25:2012/11/15(木) 16:37:45.12 ID:
>>24
刺せても

マンモスさんが少し横に首振ればポッキリ折れてマンモスの下敷きになって

目玉と内蔵が飛び出して死んじゃうスミドロンさん

スミドロン:やっぱりうさぎやねずみ探せばよかった;;
27:2012/11/16(金) 15:11:05.05 ID:
何も牙を突き刺す部分が首とは限らん
首から腰部にかけての椎間板の部分に正確に牙を突き刺し
脊髄損傷で行動不能に陥ったところを
活造りを堪能していた可能性もある
29:2012/11/16(金) 18:49:41.95 ID:
今の価値観で考えるなよ古代最強なんだから
33:2012/11/17(土) 20:01:53.72 ID:
800キロの巨体を維持するためには余程豊富な餌を楽して捕れなきゃだめなんじゃね?
牙使って海辺の貝掘って食うとかならあり得そうだな
36:2012/11/18(日) 02:58:55.08 ID:
余程入れ食い状態の獲物がいなければ雑食でないと、ホッキョクグマ並の巨体維持は
かなり厳しいだろうね
もし800kgで純肉食となると、やはりシロアリや貝は重要な食料かも知れない
身体の構造的には、今の海獣みたいに泳ぐ事は出来なかったのかな?

ただもし現代の肉食獣と違って、大幅に自分を上回る動物を”単独で日常的に”狩るのならば
巨体維持も可能かもしれない
(ライオンやトラも自重の二倍以上の獲物を単独でも倒せるが、通常そんな危ない橋は渡らない
 普通は群れで狩るか、もっと小型の獲物を狙う)

マンモスは流石に単独では厳しいだろう、おそらく十頭以上の連携は必要になる
(ライオンが成体アフリカゾウを狩るのに、二十頭以上必要な事からの推測)
しかしそうなると500kgを超える巨大個体は、狩りでも食料面でも持て余す矛盾が出る

だがもしも単独で倒せたのなら話は変わって来る
食い溜めの必然性も出て来て、巨大化の説明もつくかも知れない
自重の十倍以上あるゾウを単独で倒せるとしたら、哺乳類史上稀に見るスーパーハンター
やはりそれは現実離れしているかな
37:2012/11/18(日) 03:41:50.60 ID:
ジャガーや狼より脳が小さく知能で激しく劣っていることが判ってるのに
サーベルタイガーさんが狙ってどこか噛み付くとか無理

後ろ足は小さく足も遅かったわけで

やっぱり穴にもぐったうさぎやもぐら又はミミズが主食だった(完)
38:2012/11/18(日) 10:49:22.77 ID:
絶滅した巨大なアルマジロや地上性の巨大なナマケモノがいたな。
41:2012/11/18(日) 21:59:17.18 ID:
サーベルタイガーが同種の中で現代でも過去をさか登っても
脳みその容量が少なく知能にで激しく劣っていた事は間違いないので
サーベルは知能の無い動物下手したら死体あさり専門かもしれない

待ちぶせなどの高等な狩りは出来ないから死体専門かもしれない
43:2012/11/19(月) 02:11:54.88 ID:
>>41
待ち伏せなんて魚類や昆虫でもやってんじゃねえか
42:2012/11/18(日) 22:14:02.85 ID:
肉食獣に知能など必要ない

史上最強ヒト科のマイク・タイソンに知能など必要ないように

単独でもアフリカゾウを正面対決で殺せる全生物無差別級王者のサーベルタイガーに知能など要るまい
44:2012/11/19(月) 17:10:25.33 ID:
単独でマンモスを殺せる唯一の生物
45:2012/11/19(月) 21:29:21.21 ID:
一緒に北から南米に入ってきたゾウ類は、サーベルタイガーへの対処法を心得ていたかも
牙もあるし
地上性の鳥フォルスラコスくらいなら快勝だったのかな
46:2012/11/19(月) 21:32:10.95 ID:
あの牙でイモでも掘ってたんじゃないのか
48:2012/11/20(火) 11:21:06.24 ID:
サーべルタイガーはな、実はな、持ち前の闘争心が売り。
それと顎の力が異常なほど、牙を突き刺すだけでなしに、
突き刺した牙で肉を豪快に噛み千切る、この一撃で致命傷を与えられる。
50:2012/11/21(水) 00:08:27.03 ID:
牙の形状と発達具合を考えれば、現在最も近いのがセイウチだよな。
あの牙の用途を想像すると、セイウチの使い方が参考になる。
セイウチは牙を使って貝を掘って食ってるから、あの形状の牙は掘るのに適したものだと言える。
つまり、地中の餌を掘り返して捕食していた可能性が高い。
アリじゃあの巨体を維持出来ないだろうし、舌の形状も説明出来ないからアリではない。
当時、巨大なモグラとか、巨大なアルマジロとかがいたならそれがメインの捕食対象だったんじゃね?
地上を逃げ回るすばしっこい獲物よりは楽して捕れそうな気がする。
51:2012/11/21(水) 02:14:39.16 ID:
>>50
 牙で掘るより手で掘ったほうが普通なんじゃないの?
58:2012/11/22(木) 22:20:09.14 ID:
>>51
手で掘るには限界あるだろ。堅いところは牙で崩して崩した土を前足で掻いて掘り進むのが理想的じゃね?どだい、あの形状の顎牙が地上での捕食に向いてないのは一目瞭然だから、どうして犬歯があそこまで進化を遂げたのかを推測すれば、穴堀説も満更じゃないと思うんだよね。
54:2012/11/21(水) 06:39:48.20 ID:
スミロドンのまとめ


現代の同じネコ科の哺乳類より手足のバランスが悪く身軽では無かった

噛む力が弱く大型動物を仕留めるのは弱く困難であった。

大きく口を開いても牙が邪魔になり狩りに全く向いてない口だった。

牙は横の力に非常に弱い構造だった。

速く走る事は苦手だった。が前足で踏ん張りやすい骨格だった。
(地面を掘りやすい骨格)
55:2012/11/21(水) 06:45:36.45 ID:
http://sekkouzou.shop-pro.jp/?pid=44557640

絶対おかしいと思うw
どうやってこれでお肉噛むの?牙が邪魔で飯食えないだろ?
しかも、この牙武器ならんだろ邪魔すぎるってばよww
59:2012/11/23(金) 00:11:24.92 ID:
>>55
一体何を目的に最適化したら、こんな構造になるのか不思議だな
トラよりむしろカバみたい ↓カバ
56:2012/11/21(水) 16:17:37.52 ID:
だから今の基準で考えるなよ。

超強力な噛筋力に超強力なまでに牙が硬度だった。
57:2012/11/21(水) 19:50:05.59 ID:
>>56
おまえみたいな奴はティラノが高速で走ったとか言うタイプだよなwww
60:2012/11/23(金) 11:57:37.09 ID:
あの巨体維持するのにモグラとかじゃ無理だね、
なんぼ古代でもウサギみたいにデカい地中生物はいないだろうし
ウサギや猪、狸科なんかの穴を掘って仕留めたのか?
61:2012/11/23(金) 17:18:59.21 ID:
>>60
巨大アルマジロ
62:2012/11/23(金) 18:13:11.02 ID:
古代には殆ど動かない草だけモソモソ食べる陸上のカメが大量にいたらしい
それがサーベルの主食だったのさ
63:2012/11/24(土) 04:43:03.35 ID:
亀の甲のあるポイントを絶妙の角度で突くと、パカッと上下に割れます
或は牙を楊枝の様に使って、亀の肉を甲羅から穿り出します

牙を長く進化させたスミロドンは、亀の食い放題で巨大化して行きました
64:2012/11/24(土) 11:13:31.77 ID:
>>63
 おまえ宇宙人だろ、謎が解けた、サンクス。
66:2012/11/24(土) 19:37:13.75 ID:
確かに噛み付くのには邪魔くさい長さの牙だな。
普通サイズの草食獣を狩って食うにも、殺して間もない新鮮な獲物だと牙が邪魔して食い付く事すら出来なさそうだ。
時間の経った腐肉ならイケるだろうか。
でも腐肉漁るだけならあんなに長い牙は必要ない。
一体何に適応したらあれほど牙が伸びるのだろう?
68:2012/11/25(日) 03:07:23.35 ID:
>>66
化石見ると昔はみんな長いんだよね。マカイロドゥス、ホモテリウム、、メガンテレオン、スミロドン、しまいには有袋類のティラコスミルスまで。
長い方が繁栄してる。にしてもちまちま肉食ってたんだろな。台頭してきたライオンやオオカミに倒した獲物を横取りされてたろうと思う。
69:2012/11/25(日) 12:26:11.74 ID:
同体重の熊に勝てるのかね?
71:2012/11/25(日) 21:18:34.48 ID:
>>69
体型も体格も近いけど、知能が圧倒的に違うからねえ
長くて折れ易い牙も、捕食者同士の争いではハンデでしかないだろうし
70:2012/11/25(日) 20:17:01.43 ID:
正面対決でアフリカゾウを殺すサーベルタイガーに勝てる生物などいないよ
77:2012/11/27(火) 12:56:40.17 ID:
クマは肉以外も食うだろ
だから、巨大草食獣が滅んでも影響はほぼ無い
しかも生存競争激しい場所では絶滅してる
山奥や北極等の他の肉食獣が少ない地域に逃げただけの雑魚
79:2012/11/27(火) 18:46:12.40 ID:
>>77
クマは雑食だから草しか生えないサバンナや草原にはもともと居ないんだよ
山奥にいるのは単に食性による住み分けで、追われたわけじゃないの
一つお利口さんになれたね
で、逃げることすら出来ずに滅んだサーベルタイガーは確実にクマ以下なの
80:2012/11/28(水) 02:58:01.74 ID:
牙が長いのは何故か?
89:2012/11/29(木) 07:02:54.40 ID:
サーベルタイガーってスカベンジャーだったんだろ?
生きてる獲物獲るのに適した骨格じゃないみたいだし
そのころいたジャイアントショートフェイスベアとかに勝てるイメージが全く無いな
92:2012/11/29(木) 18:31:26.50 ID:
>>89
外傷の多さから、一応狩りは行っていたと見られてるんじゃなかったかな
でもあの牙や体型が何かに特化しているのは間違い無いから、主要な獲物
以外の外敵には脆かったかもね
93:2012/11/29(木) 19:59:54.07 ID:
>>92
>外傷の多さ

スカベンジャーだって外傷つくだろ
獲物の取り合いになれば、草食獣じゃなくて、同じ肉食獣が相手になるわけで
こっちの方がよっぽど生傷絶えないんじゃね?
94:2012/11/30(金) 00:29:42.67 ID:
サーベルタイガーの平均個体って今のジャガーとかヒョウくらいのサイズじゃなかったっけ?
当時いたライオンなんかと比べれば一回りも二回りも小さいんだよね。
で、群れてた可能性とかスカベンジャーの可能性がある。
これって今で言うハイエナじゃん。
当時のハイエナポジションだったっぽくね?
101:2012/12/01(土) 22:03:35.19 ID:
マンモス殺してるんじゃなくて、死んだマンモスに群れで集ってるんだろ
同じスカベンでもハイエナよりはカッコイイよね
見た目だけは
102:2012/12/03(月) 17:06:20.84 ID:
猫科なので夜でも目が効く、
猫科なので足音がしない、
寝てる間にこそっと忍び寄り、牙でマンモスのアキレス腱をプシュ!って刺して逃げる、
マンモスが動けなく弱り、ぐったするのを待つ、
104:2012/12/03(月) 21:48:13.86 ID:
コモドオオトカゲっぽくもある
105:2012/12/03(月) 22:48:46.64 ID:
分厚い体毛に覆われ、さらに分厚く堅い皮膚があるマンモスにジャガーサイズの顎じゃ歯が立たないだろ。
差し詰め子供の像に家猫が戦いを挑むのと大差ないぞ。
108:2012/12/04(火) 14:22:50.67 ID:
>>105
だからこそ長い牙と大きく開く顎

北では秘孔に牙を突き刺し内部から破壊する
一方南は牙を振るい外側から骨まで切り裂く
115:2012/12/05(水) 17:20:18.20 ID:
単独でマンモスを倒せる最強生物! 「武井壮」
117:2012/12/06(木) 17:54:10.96 ID:
タスマニアデビルとか狸をどんくそうにした奴でも根性ばりばり
ラーテルも勇猛だしクズリなんか狼二匹相手でも撃退するんだし
サーベルタイガーもスピリッツが売りんじゃないの?
絶対に逃げない、もう死ぬまで戦い抜く それゆけ我らのサーベルタイガー 
119:2012/12/07(金) 04:04:50.94 ID:
>>117
ラーテルやクズリは異常に防御力の高い毛皮あっての勇猛さだからなあ
タスマニアデビルは元々棲息地域最強の立ち位置だし
121:2012/12/09(日) 21:36:00.47 ID:
北米種400kg、南米種800kgというのは最大個体では?
現代なら300kg超えのトラとか、1tのヒグマみたいな
たまにいる並外れの個体
127:2012/12/11(火) 19:38:41.37 ID:
>>121
スミロドンの化石は世界各地から大量に出土してるけど、その殆んどの個体重量は100キロ未満や100キロ前後だったはず
800キロとかは何かの間違いじゃないかな。一部の骨だけ出土して、そこから推定重量を割り出す時に間違った可能性あるような。もしくは突然変異の奇形かもね。
123:2012/12/11(火) 12:42:29.41 ID:
脚が短くて遅いけど、跳躍力はどうなんだろ?
高くジャンプして獲物に牙を突き刺すって説もあるけど
角で突こうと構えてる獲物にむかってジャンプはリスクが大きいだろし
冴場良が腕の達つ殺し屋と戦った時、真上からの攻撃を仕掛けたけどな
134:2013/01/14(月) 21:15:31.88 ID:
マカイロドゥスが素敵だ
137:2013/01/15(火) 22:33:47.25 ID:
140:2013/01/16(水) 23:07:13.81 ID:
体重差が通用しないサーベルタイガー強すぎだろ
148:2013/01/21(月) 13:53:12.47 ID:
折れやすい牙ということは、ただの飾りでない限りは何らかの(超精密機器のごとく背骨と
背骨の継ぎ目に正確に牙を突き立てることができた)みたいな折損防止策が必要になってくるな
まず探りを入れる目的で軽く突き刺し骨に当たったら再度刺し直して何度もトライ
椎間板の位置を見つけたらビンゴ!とばかりに一気にぶち込むと
これならマンモスでも瞬殺だな
意識はあっても半身麻痺してて動けないまさに活け作り状態で食われたのかもしれないw
151:2013/01/21(月) 19:42:42.45 ID:
>>148
それを実現するには、あのクマみたいな骨格バランスで
中型のネコ科以上の身軽さと敏捷性が必要になると思う

子泣き爺並のホールド力があってもマンモスの長毛種を
ピンポイント刺殺するのは厳しいんじゃないかな
152:2013/01/21(月) 21:47:50.53 ID:
マンモスを殺してた実績がある
153:2013/01/21(月) 22:14:20.28 ID:
あの牙は、本当はこけおどしじゃないのか
マンモスは気が弱く、あの牙を見るとびびって逃げ出す、
群れで崖に追い込む、マンモス、崖から転落
しめしめとみんなで食う
155:2013/01/23(水) 00:32:32.09 ID:
>>153
マンモスを追い込む落とし穴を、あの牙で掘ったのさ
身体ごと入る巨大な穴でなくとも、脚を負傷した象は
待っていれば自滅する、そしてウマー
156:2013/01/23(水) 15:47:37.93 ID:
いわゆるサーベルタイガーてきな生物は何度か出てるんだよな、直系先祖でもないのに
マカイロドゥスとかティラコスミルスとか。当時、それらが生きてける環境があったと思う
157:2013/01/23(水) 18:47:04.48 ID:
サーベルタイガーは健康体のマンモスを「常食」ではないだろ

弱った個体や幼獣を主に狙ったか、タールピットに落ちた個体

そしてマンモスの長毛種は北米のステップにはいないはず


長毛種と競合しても先に絶滅したのはサーベル族だし

その辺りも考慮して生物学的意見で「サーベルタイガーは他の肉食獣や草食獣から競合者として最強だったのか否かを」是非知りたい
160:2013/01/25(金) 21:25:49.67 ID:
>>157
 タールピットに落ちたのを食べ続けてたら、タール中毒になってたかもな
注意はしててもタールを摂取しまくって
159:2013/01/24(木) 15:08:56.92 ID:
サーベルって肉食獣なのか、うちの猫は海苔とか生米、お茶葉、チーズも好んで食べるよ 
サーベルが魚や亀を食ってとか 干潟でカニ 貝 エイリアンみたいな魚を食べてたとか
木の実や筍、カタツムリなんかも食べれんことはないし
161:2013/01/27(日) 21:35:09.87 ID:
可能性はあるけど化石からタールによる疾患が検出されるかどうかだな
164:2013/01/29(火) 01:02:25.52 ID:
北米の場合だと

アメリカライオンとスミロドンはどっちが強力な競合相手だったのかな
165:2013/01/29(火) 04:18:35.18 ID:
スミロドンの特殊な身体からして、現代のライオンとも近い身体の
アメリカライオンとは、狩りのパターンが大きく違ったんじゃない?
直接的な競合は、あんまりしていなかったのかも
168:2013/01/30(水) 14:48:06.47 ID:
>>165
なるほど

その両者の獲物を奪っていたのがジャイアントショートフェイスベアかダイアウルフの群れですね。
170:2013/01/30(水) 23:45:46.96 ID:
>>168
巨大グマの群れとか最強過ぎるだろ
でも必要な食い扶持を賄えるのか?
166:2013/01/29(火) 19:25:25.00 ID:
スミロドンはアメリカライオンの餌
169:2013/01/30(水) 19:14:31.40 ID:
スミロドンに勝てる生物などいないよう
182:2013/02/06(水) 21:24:58.24 ID:
だからシベリアではヒグマはトラに食われまくってんだろうがw
183:2013/02/06(水) 22:51:57.63 ID:
>>182
どうぞどうぞw
ただし、雄トラでも襲うのは自分より小さい雌熊、小熊限定ですけどねw

ピットファイトじゃライオンはツキノワグマと互角でしたっけw

たまらんw
184:2013/02/06(水) 22:59:02.92 ID:
おまえが何をほざこうがw
ヒグマがシベリアトラに食われてる科学的事実があるw
185:2013/02/06(水) 23:03:13.59 ID:
>>184
だから、どうぞどうぞと言ってるじゃんw
ただし、雄トラが襲うのは自分より体重の軽い雌熊、小熊限定w

たまんねぇw
191:2013/02/11(月) 22:20:50.73 ID:
>>184
今の昔もクマはトラの餌ですから
198:2013/03/25(月) 11:35:56.82 ID:
広義のサーベルタイガーに含まれるマカイロドゥスは荒涼とした氷河期に生きた狭義のサーベルタイガーと違って
生物種の多様で温暖な時期に棲息してたから歯を折るようなライバルは多かったろう
199:2013/03/26(火) 01:57:35.30 ID:
>>198
その通り


そしてもっと多くのサーベル犬歯にダメージを与えていた相手こそ「館長」ではないかと言われている。
200:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:
サーベルタイガーって実際、どんな体格してたかわかんないし
画像では、ヒグマみたいながっちりした体型になってたw
サーベルタイガーのプロフィール 最大2、4m 体重300キロ、現代の
シベリアトラと大体同じ体格、シベリアトラは、猫科、最大だけど平均的に見た
らすごく体が細いしサーベルタイガーもそんなにたいした事ないだろw
サーベルタイガー

シベリアトラ

↑動物園で育っているのにこの細さw
201:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:
やはり野生のタイガーのが荒々しいな
202:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:
広大なテリトリーを巡る生態だから、スリムな体型が本来の姿なんだろうね