ねこ家タイムズ

ねこNEWS・ねこ情報・ 他 動物NEWS・2ちゃんねるまとめ

    2014年03月

    1:2014/03/31(月)02:36:37 ID:
    オランダのロッテルダム動物園で25年間飼育係を務めたマリオさんが、
    末期がんと診断された。脳腫瘍で身体が動けない状態であるものの、
    長年過ごした動物園を再訪したいと願い、ベッドに横たわったまま
    動物園へと向かうことに。
    すると、彼の異変を感じ取ったのか1頭のキリンが彼の元へと近寄り、
    キスをしていったという。報道では「お別れのキス」の「特別な瞬間」
    と書かれているが、動物たちとの長く過ごした日々が心の交流を
    生み出していたのかもしれない。(※写真はFacebookより)




    ナリナリドットコム
    http://www.narinari.com/Nd/20140325218.html
    【キリンが元飼育員に別れのキス、末期がん男性と“心の交流”。】の続きを読む

    1:2014/03/30(日)14:36:27 ID:
    大分)高崎山のニホンザル、赤ちゃんの名前を募集
    2014年3月30日03時00分

    高崎山自然動物園(大分市)が、ニホンザルの赤ちゃんの名前を募集している。
    4月中旬?下旬は出産シーズンで、今年最初に生まれる第1号赤ちゃんに付けられる。
    園の担当者は「10?20年先の将来、ボスになるかもしれない。
    皆さんに親しまれるような、明るい名前を付けてほしい」と話している。

    同園は毎年第1号の赤ちゃんに名前を付けてきた。
    サッカーJリーグが開幕した1993年は「カズ」、
    長野オリンピックがあった98年は「ゴールド」、
    東日本大震災が起きた2011年は「キズナ」、
    高崎山が開園60周年を迎えた昨年は「カンレキ」と名付けられた。

    募集する名前は、カタカナで2?5文字。
    この1年で話題になった言葉や出来事にちなみ、
    これまでに付けられていないものが条件となっている。
    最も応募数が多かった名前が採用されるという。

    ソース:朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASG3Y4VJ3G3YTPJB006.html

    【【ν速命名部】高崎山の将来のボスになる小猿の名前を募集中!【ベンツ後継】】の続きを読む

    1:2014/03/30(日)13:37:36 ID:
    米科学情報サイト・ライブサイエンスの26日付の報道によれば、
    最新の研究で、竹を食べると言われるジャイアントパンダが、
    実は甘い物が大好きなことが分かった。参考消息の報道として、
    新華網が28日伝えた。

    フィラデルフィアにある研究所の行動遺伝学の研究者がまとめた
    リポートによれば、パンダの行動と遺伝子を調べた結果、
    パンダは甘みを感じることができ、果糖、蔗糖など天然の甘さが
    大好きなことが分かった。ただ、普段食べている竹は糖分が
    極めて少なく、人には甘みは感じられない。
    パンダと同じネコ目に属するネコは遺伝子の変化により、甘みを
    感じる能力を失ったという。

    研究者らはパンダが甘みを感じることを調べるため、中国陝西省の
    野生動物保護センターで3歳から22歳のパンダ8頭に対して
    実験を実施。パンダにただの水と果糖、蔗糖など6種の糖分を
    加えた水を与えたところ、パンダは特に果糖と蔗糖を加えた水を
    好んで飲んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140330-00000008-xinhua-cn
    【パンダは実は“甘党”だった!米研究者が報告】の続きを読む

    1:2014/03/30(日)23:05:22 ID:

    動画


    ペットを飼っているお宅ではこのヘッドマッサージャーを試してみてはいかがだろうか
    http://netgeek.biz/archives/7789
    【犬に頭が気持よくなるヘッドマッサージャーをつかってみたwwwww】の続きを読む

    1:2014/03/29(土)00:01:54 ID:

    ★東京都・目黒区の猫付きマンションに実際に行ってみた
    渡辺真惟  [2014/03/28]

    猫の保護活動を行う東京キャットガーディアンは、同団体のホームページにて、飼い主のいない
    猫のための保護ボランティア活動「猫付きマンション」を案内している。

    猫付きマンションは、「猫との生活を希望する入居者」と、「マンション経営で猫の助けになる
    活動をしたいと考えるマンションオーナー」、「成猫の保護場所を作り、多くの猫を救いたいと
    考える保護団体」の三者の思いが合致したシステム。新しいボランティア活動として、
    行政からも了承を得ている。

    飼育を希望する人は、面談の上、所有権ではなく一時保護の場所として同シェルターの猫を選び、
    ペット飼育可能のマンションで猫を飼うことができる。「転勤が多い」「高齢だから心配」
    など様々な理由で猫の飼育をあきらめている人も猫の飼育が可能だ。

    こちらが猫付きマンションの一例。部屋に初めからキャットウォークが設置してあるため、
    猫も喜んでくれるお部屋となっている。 (以下略)

    ※リンク先に画像あり
    http://news.mynavi.jp/news/2014/03/28/204/
    【【話題】東京都・目黒区の猫付きマンションに実際に行ってみた】の続きを読む

    このページのトップヘ