ねこ家タイムズ

ねこNEWS・ねこ情報・ 他 動物NEWS・2ちゃんねるまとめ

    1:2014/05/21(水)21:22:26 ID:
    【AFP=時事】ニュージーランドで、大麻が入ったビニール袋を
    飼い主に届けた猫が、警察に褒めたたえられている。

     同国南島(South Island)のダニーディン(Dunedin)で18日夜、
    飼い猫がドアの前に置いていった小さなビニール袋の中身を飼い主が調べたところ、
    薬物らしきものが入っていたため警察に届け出た。

     警察によると、中には末端価格は150NZドル(約1万3000円)相当の
    大麻5グラムが入っていた。

     リース・ムンロー(Reece Munro)巡査は地元紙オタゴ・デーリー・タイムズ
    (Otago Daily Times)に「猫が小鳥やネズミの死骸を持って帰る話はよく聞くが、
    こんなのは初めての例だ。最近は誰が正直者なのか、分からないものだね」と語った。

     ムンロー巡査によると、まだこの大麻の所有者は見つかっておらず、
    ビニール袋に指紋が残っていないか調べるという。
    さらに巡査は、薬物を検知するよう訓練された警察犬はいるが、今後は猫も同様に
    訓練すれば、警察の麻薬撲滅対策における新兵器となりうるのではないかと語った。
    2014年5月21日
    http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=4455032


    南米コロンビア・カリ(Cali)で、警察が押収したマリフアナの臭いをかぐネコ
    【【警察猫か】お手柄ニュージーランドのネコ、薬物検知し大麻入り袋を飼い主へ】の続きを読む

    1:2014/05/20(火)13:34:53 ID:

    スペック
    黒猫
    1歳くらい
    内弁慶
    オス
    行方不明になって2週間
    特徴があまりないため見分けがつきにくい

    マンションの4階、エレベーター無し
    10分ほどでいなくなった

    マジで知恵を貸してくれ
    【【協力】飼い猫が行方不明【要請】】の続きを読む

    1:2014/05/21(水)20:21:50 ID:

    飼い主の子どもが犬に襲われているところを助けて話題となった「ヒーロー猫」のタラが20日、
    野球のマイナーリーグに所属する地元チームの始球式で「投球」を披露した。

    タラは、トリアンタフィロさん夫妻の助けを借りて前脚で「投球」。
    球団スタッフが釣り糸を用意し、ボールが空中を飛んでいるように演出した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140521-00000083-reut-n_ame
    【ヒーロー猫、地元野球チームの始球式で「投球」】の続きを読む

    1:2014/05/22(木)15:23:30 ID:
    通常12年から15年が平均寿命といわれているネコだが、このほど南イングランドのボーンマスで飼われている、
    1990年2月生まれのネコが、世界一の長寿ネコとギネスブックに認定された。「デイリー・メール」紙が報じた
    (写真は「デイリー・メール」紙より)。
    ジャッキー・ウェストさん(43)が飼う三毛猫のポピー=写真=は生まれてから24年。昨年、米カンザスのネコ、
    ピンキーが生後23年で死んだため、ポピーが『新王者』の座についたという。
    ネコの年を、人間の年齢に換算する場合、最初の2年で25歳となり、その後、3ヵ月につき1歳、つまり1年で4歳、
    年をとっていく計算。これによると、ポピーは114歳の高齢ということになる。
    夫のアンディさん、
    子供のジョーくん(11)、トピーくん(8)、そしてポピーを含め、5匹のネコと暮らすウェストさんは、
    目もよく見えず、耳も遠くなってしまったポピーだが、今でも、他の4匹のネコにとっては『ボス』だという。
    長生きのヒケツは、毎日の運動、バランスのよい食事に加え、時折、ケンタッキー・フライド・チキンや
    フィッシュ&チップスなどの好物を楽しむこと。ウェストさんは「(ポピーが)生きてくれているだけで、
    とてもうれしい」と話している。



    http://www.japanjournals.com/index.php?option=com_content&view=article&id=4526:520-2
    【世界一の長寿ネコは114歳】の続きを読む

    1:2014/05/20(火)17:59:00 ID:
    家で猫を飼っていると、眠っている姿を見ることはかなり多いはず。
    猫によってはちょっと変わった姿で眠ることも少なくないため、飼い主も思わず笑ってしまうこともありますよね。
    今回は、猫が土下座の姿勢で眠る理由に迫ってみましょう。

    ■手で目を覆うのはアイマスクのかわり
    猫が土下座をしたまま眠る姿は、まるで謝っているように見えることから「ごめん寝」や
    「すまん寝」と言われています。なぜこのような姿で眠るのか詳しいことはわかっていませんが、
    蛍光灯などの人工の明かりが気になるときに、アイマスクがわりに目を軽くふさいでいるのかもしれません。

    ■座ったまま眠ってしまうと土下座になる
    人間は座ったままうたた寝すると、そのうち首がカクンと手前に下がってきてしまうことがあるはず。
    これと同じように猫も座ったまま眠ってしまい、首が下についてしまうほど下がってしまうと考えられます。
    猫がリラックスしているときの座り方といえば「香箱座り」や「スフィンクス座り」。
    「ごめん寝」や「すまん寝」は、これら座り方の延長で眠ってしまった可能性が高いといえるでしょう。

    ■ごめん寝をするかしないかは個体差がある
    人間のうたた寝の場合、首が下がるほどとなればかなり深い眠りに近づいているでしょうから、
    「ごめん寝」や「すまん寝」も同様のことが言えるはず。
    警戒心が強くそのまま眠ることはあまり良いことではないと思っている猫は、
    座ったまま目を閉じる程度であまり「ごめん寝」や「すまん寝」といった眠り方をしません。

    逆に警戒心が弱かったり、疲れるとすぐに眠ってしまうような子猫であったりすれば、見られる機会は多くなるでしょう。

    ■かわいいいけれど明かりには気を使ってあげよう
    「ごめん寝」や「すまん寝」のかわいさのあまり、ついついそれらを写真におさめたくなってしまいますが、
    これらの眠り方をする場合、猫が「まぶしい」と感じている可能性もあります。
    猫の様子をチェックしながら、猫が眠そうなときはできるだけ部屋の明かりを消してあげると良いでしょう。

    http://news.mynavi.jp/news/2014/05/20/008/

    画像例

    動画例
    【なぜ猫は土下座をしたまま眠るのか】の続きを読む

    1:2014/05/19(月)22:55:51 ID:


    画像*【ニコニコ動画】進撃のねこOPパロディverより

    人生相談「子猫5匹が進撃の巨人ごっこで僕(36歳)を襲うので困ってます」
    [2014/05/19]

    ■質問
    36歳男性です。先週、仕事の関係で取り壊し予定の廃虚化した古いビルへ行きました。するとビルの一階奥に、子猫が5匹いました。母猫を探したのですが、残念ながらビルに近い大き目の交差点で車にひかれて亡くなっている猫がいました。ビルの中でしばらく母親がこないか待ってましたが、現れませんでした。おそらくこの猫が母親である可能性が高いと思ったので、この5匹の子猫を保護しました。

    かなり衰弱してガリガリにやせていたので、すぐに病院で処置をしてもらい、ワクチンを打ち、今は24時間体制で排便や給餌の世話をしています。

    子猫たちはやっと自分で歩けるようになり、とても嬉しいです。

    …ただし、ひとつ問題があります。歩けるようになったのがよっぽど嬉しいのか、やたらと高いところによじ登っては、僕がその前を通ると僕の頭上から盛大にジャンプして襲ってきます。たまたま妻がその様子を撮影したのですが、うまいこと遠近法がきいていて、まるで今はやりの「進撃の巨人ごっこ」のようでした。

    高いところに上るのを防ぐのはかなり難しかったので、床中にクッションをひいて、万が一落ちても大丈夫なように対処してあります。

    問題は、僕の頭です。5匹の子猫に襲われるたびに頭に着地されるため、毛がたくさん抜けます。さっそく後頭部がハゲてきました。とても悲しい気持ちです。

    毛髪で悩んでらっしゃる方、よかったら愛用している育毛剤を教えてください。

    ※解答はありませんでした。募集中という事です。

    詳細のソース
    http://news.mynavi.jp/news/2014/05/19/358/
    元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1400507751/
    【【人生相談】子猫5匹が進撃の巨人ごっこで僕(36歳)を襲うたびに頭に着地されるため、後頭部がハゲてきました。】の続きを読む

    このページのトップヘ